なんでもTOPICS 広島県本部

「ひろしま園芸ステーション」竣工式を行いました

2020.12.17 Thursday

産直市間の連携強化の拠点となるJA全農ひろしまの「ひろしま園芸ステーション」が15日、広島市に完成しました。第28回JA広島県大会で決議された「JAファーマーズ・マーケット間の連携強化」の実践に向けて、集出荷の機能を高め、生産者の販売力強化を後押しします。同日は竣工式を開き、県本部運営委員会の関係者などが出席し、完成を祝いました。

 

同ステーションは、県内のJAから農産物を集荷、保管し、産直市などへの出荷を担います。広島県本部の事務所と同じ敷地内で、延べ約1290平方メートルの2階建て。1階には165平方メートルの大型冷蔵施設を備えています。

 

全農ひろしまの水永祐治県本部長は「県内JAに施設を積極的に活用してもらい、販売の拡大につなげたい」と力を込めます。県本部運営委員会会長でJA庄原の藤原信孝組合長は「JAグループ広島の園芸品目を取り扱う拠点施設として、生産者の農業所得増大への貢献に期待する」と語ります。

 

 

▲竣工式の神事で玉串奉奠を行う、全農ひろしまの水永県本部長

 

▲ひろしま園芸ステーション

▲このページのTOPへ