なんでもTOPICS 広島県本部

「みのりみのるマルシェat広島駅」が再開しました

2020.7.10 Friday

JA全農ひろしまとJR西日本は、7月3日、新型コロナウイルス感染防止の観点から開催を見送っていた「みのりみのるマルシェat広島駅」を再開しました。

 

マルシェでは、JA全農ひろしまの直売所「とれたて元気市広島店」が出店し、県内の生産者が栽培した県産野菜や果物、加工品など約2000点を販売。広島市安佐南区の田中さんは「心待ちにしていたので、またマルシェで買い物できることが非常にうれしい。」と顔をほころばせました。

 

JR西日本広島支社地域共生室の三澤千懐さんは「広島の『いいもの』を駅で発信することは地域の活性化につながる。今後も来場客や生産者に喜んでもらえるマルシェを作っていきたい」と力を込めます。

 

「みのりみのるマルシェat広島駅」は、JA全農とJR西日本が平成28年2月に締結した「地域振興支援に関する協定書」に基づき、平成30年10月にスタートしました。令和2年7月からは、毎月第1・第3金曜日、午前11時から午後3時までの開催を計画しています。

 

▲「みのりみのるマルシェat広島駅」で商品を手に取る来場客

▲このページのTOPへ