なんでもTOPICS 広島県本部

耕畜連携資源循環米 「せらにしあきさかり」が販売開始!

2020.1.29 Wednesday

JA全農ひろしまは、「SDGs」(持続可能な開発目標)の一環として、耕畜連携資源循環ブランド「3-R(さん・あーる)」商品の「せらにしあきさかり」の販売を開始します。

 

この取り組みは、全農ひろしまとJA尾道市、世羅西地区の生産者グループ「おぐにフィールド」とともに、「耕畜連携」による資源の有効活用を図るため、世羅地区で製造された家畜ふん堆肥(鶏ふん)の施肥もしくはそれを原料とした肥料を使用することや節減対象農薬と化学肥料(窒素成分)の施用量を慣行の2割以上削減し、栽培することを条件としています。品種は、同地区の「あきさかり」です。

 

つきましては、これまでの販売に至るまでの取り組み経過等について報告し、販売拡大に向けた取り組み強化のため、生産報告会を開催いたします。

 

1.日  時:2020年1月30日(木)10:00~11:00

2.場  所: 世羅町役場

(広島県世羅郡世羅町西上原123−1)

3.内  容:(1)耕畜連携資源循環米の取り組み経過報告

(2)「せらにしあきさかり」の販売計画

4.出 席 者:世羅町長  奥田 正和 氏

JA尾道市 経済事業専任理事常務 村上 俊二 氏

JA全農ひろしま 県本部長 水永 祐治

 

~お問合せ先~

全国農業協同組合連合会

広島県本部 米穀販売課(担当:山本)TEL:082-431-3000

▲このページのTOPへ