なんでもTOPICS 広島県本部

広島駅マルシェ好調

2019.12.19 Thursday

JA全農ひろしまと西日本旅客鉄道会社広島支社がJR広島駅(1階北口)で行う「みのりみのるマルシェat 広島駅」が昨年10月のスタートから1年が経過しました。毎月1回、金曜日に行う同企画は、近隣住民や広島駅を利用する多くの消費者から好評を得ています。

 

会場には、県内の生産者が心を込めて栽培した野菜や果物を中心に、加工食品や切花など多数の商品を販売。今月6日(金)に行われたマルシェでは、ミニトマトやレモンの生産者や呉の伝統的なキャベツである「広甘藍(ヒロカンラン)」の生産者も売場に立ち、訪れた消費者に向けた試食宣伝や、美味しい食べ方の提案等を行っていました。

 

訪れた消費者は「毎月楽しみに来ています。近所には直売所がないので、新鮮な広島県産の野菜を購入できて嬉しいです。生産者の方から美味しい食べ方も教えてもらいました」と笑顔でした。

 

全農ひろしま直販課は「1年が経ち、お客様にも浸透していることが実感できました。楽しみにしている方のためにも続けていきたいです」と力を込めます。

 

今年度の開催日程は以下のとおりです。
2020年1月17日(金)
2月 7日(金)
3月 6日(金)各日午前11時~午後6時(※商品がなくなり次第終了)

▲来場者に説明をする生産者

▲このページのTOPへ