なんでもTOPICS 広島県本部

JA全農杯全国小学生選抜サッカーIN中国開催 オオタFCが9年ぶりV

2019.4.8 Monday

JA全農が特別協賛する「JA全農杯全国小学生選抜サッカーIN中国」が、2019年4月6日(土)・7日(日)の2日間、コカ・コーラボトラーズジャパン広島スタジアム(広島市西区観音)にて開催されました。中国地区5県の代表合計12チームが全国大会を目指し、熱い戦いを繰り広げました。

 

開会式では、JA全農ひろしまの豊田哲也副本部長が、「スポーツを楽しみ、健やかな身体と豊かな心を育むために“食べる”ということを大切にしてほしい」と挨拶。参加する小学生の選手たちに激励を送りました。

 

2日目に行われた決勝戦では、岡山県代表オオタFCが山口県代表のSSSFCを2-0で制し、9年ぶり3回目の優勝に輝きました。両チームは5月3~5日に横浜市の日産スタジアムで行われる全国決勝大会に出場します。優勝したオオタFCの佐々木悠太主将(6年)は、「チームの調子も良く、楽しくプレーできました。全国大会では優勝を目指したいです」と力強く語りました。

 

特別協賛の全農からは、出場した選手たちへ副賞を提供。中国地方5県を代表して、全農ひろしま改革推進課の原田敦司課長から選手たちへ贈られました。全農ひろしまからは、広島県産米「サンフレッチェ応援米」、「JAひろしまのフルーツゼリー(デコポン)」、「JAひろしまの藻塩はっさく水」が参加チームに渡されました。

 

全農は、今後もスポーツを通じて子どもたちの夢を応援していきます。

▲開会挨拶は、全農ひろしま豊田副本部長が務めました。

▲優勝した岡山県代表オオタFCの選手たち

▲全農からは副賞を贈呈。

▲大人顔負けのレベルの高い熱戦が繰り広げられました。

▲「シーガル広島」は3位に輝きました!

 

▲このページのTOPへ