なんでもTOPICS 広島県本部

「子育て応援団すこやか2018」に参加しました!

2018.5.24 Thursday

▲い~ねくんは子供たちに大人気!たくさん触れ合いました

 

▲「白ねぎは県内のどこで多く作られているかな?」地図に野菜カードを貼って答えてもらいました

 

JAグループ広島は2018年5月19日(土)~20日(日)に広島グリーンアリーナで開かれた「子育て応援団すこやか2018」(主催:広島県・広島県医師会・JA広島中央会他)にブースを出展し、県内で生産される野菜に関するクイズなどを実施しました。

 

このイベントは、次世代を担う子どもたちを安心して出産し育てていける、すこやかな笑顔あふれる社会づくりを目指しており、2日間で約41,000人の親子連れが訪れ賑わいました。

 

JAグループ広島のブースでは、お子様にサイコロを振ってもらい出た目に対応させた野菜の産地を当てるクイズに親子で挑戦していただきました。野菜はJAグループ広島が県域で生産振興を図る、トマト・ほうれんそう・アスパラガス・わけぎ・キャベツ・白ねぎに関するものを出題。普段食べている野菜がどこで作られているか、産地を考えるきっかけになったようでした。また、参加者には県産柑橘を使ったジュースやJAグループのキャラクターグッズをプレゼントしました。ひろしま米キャラクター「い~ねくん」のボールペンも子供たちから好評でした。

 

ブース前には、い~ねくんやJAバンクのキャラクター「ちょリス」、JA共済のキャラクター「ひとのわグマ」も登場。子供たちが抱きついたり写真を撮ったりしてふれあっていました。

 

JA全農ひろしまは今後も、このようなイベントを通じて食の関心を高め、県産農畜産物の消費拡大につながるよう取り組んでいきます。

▲このページのTOPへ