なんでもTOPICS 広島県本部

県産アスパラガス関西で販売拡大へ イズミヤが産地視察

2018.5.8 Tuesday

▲産地視察を行う青果センター職員・JA三次職員・イズミヤのバイヤー

▲商品開発されている広島県産の太アスパラガス

近畿地方を中心に約80店舗を展開する大手量販店イズミヤ㈱は、2018年4月25日、JA三次管内のアスパラガス生産者の圃場と北部地域アスパラ選果場で産地視察を行いました。イズミヤ青果バイヤー、全農青果センター大阪の社員それぞれ2名が来訪しました。今年度の広島県産アスパラガスの生育状況を確認し、今後の出荷動向と販売への取り組みについて意見交換を実施しました。

イズミヤ㈱は、毎年産地視察を実施しており広島県産の品質を特に高く評価しており、広島県産を使用した太アスパラガスの商品開発も行っています。

全農ひろしま園芸課の藤田雄平担当は、「関西からの強い引き合いは、県産アスパラガスの販売拡大に有効です。昨年は全県的に不作で数量が少なく、販売量は伸び悩みましたが、今年は生育、品質とも良好です。生産者、販売先からの期待に応えられるようしっかり販売したいです」と力を込めました。

イズミヤ㈱ではアスパラガス以外にも、高野トマト、ヒバゴンねぎ、アンジェレ等多品目の県産野菜を販売しています。

▲このページのTOPへ