元気な野菜づくりは元気な土づくりから!土づくり

トップページ土づくり>アスパラガス事例

アスパラガス事例

事例その1.アスパラガス

JA全農ひろしま営農支援グループでは、広島県内のアスパラガス生産者の土づくりを支援しています。

JA全農ひろしま営農支援室では、広島県内のアスパラガス生産者の土づくりを支援しています。圃場調査(ほじょうちょうさ)・土壌分析(どじょうぶんせき)を基に完熟堆肥を投入し、土づくりを行っています。完熟堆肥を投入し、土づくりを行い土壌の三相分布(さんそうぶんぷ)を整えることにより、収量・品質ともに悪かった圃場が、一年間で生育が良好になりました。
また、JA全農ひろしまで作っている完熟堆肥「こだわり健肥」を使用して圃場改善を行った広島県内のあるアスパラガス圃場では、アスパラガスの春芽収量が慣行区比で150%の増収、萌芽開始も二週間程度早い結果となりました。この健肥堆肥は、土壌改良効果はもちろんのこと、土壌の地温を上げる効果もあり、アスパラガスの萌芽に必要な温度まで早く達することが出来るため、春芽を早い時期に多く取ることが可能です。
さらに、アスパラガスの生育に必要な養分を蓄える根である貯蔵根(ちょぞうこん)の汁液濃度(じゅうえきのうど)と呼ばれる養分を測定したところ、慣行比で4度~7度高い結果となり、この結果収量にして200~300kgの増収が期待できます。

このページのトップに戻る
JA全農ひろしま営農情報ウェブサイトに掲載の文章・記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。

著作権は全農ひろしままたはその情報提供者に帰属します。

Copyright(c) JA Zen-Noh Hiroshima All rights reserved.

JA全農ひろしまWEBサイト